芦原温泉

福井県内にある、芦原温泉の情報です。芦原と書いて「あわら」と読みます。
→芦原温泉のおすすめ宿は?
芦原温泉(あわらおんせん)は、福井県あわら市温泉(旧越前国)にある温泉。あわら市が発足してからは「あわら温泉」と表記されることも多くなっている。
JR北陸本線:芦原温泉駅からタクシー10分。
えちぜん鉄道三国芦原線:あわら湯のまち駅
飛行機
小松空港よりタクシー45分。
自動車
北陸自動車道:丸岡インターチェンジ 丸岡ICから20分、金津インターチェンジ 金津ICから15分。
含塩化土類食塩泉
歓楽的要素の多い温泉街。北陸三湯(山代温泉、山中温泉、片山津温泉)に比べて大阪、名古屋に近いのでアクセス的に有利。
明治16年開湯で、農地の灌漑工事を行っている最中に噴出した。その後は関西地方の奥座敷として発展を遂げていくが、昭和31年に大火に見舞われ、温泉街は烏有に帰す。その後、新たな都市計画の元に碁盤目上に区画された温泉街が作られた。農地のど真ん中にあるため風景は平凡で、それゆえ各旅館とも庭園など外観に力を入れている傾向がある。
(Wikipediaより)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。